上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石ねり

おしろい下 「石祢(ね)り」 尾畑製 大阪市二ッ井戸町 梅花堂

おしろい下「石祢(ね)り」のラベル。かなり古そう。

スポンサーサイト

司1

司2


大日本優等清酒 「司」 大阪府堺市 醸造發賣元 阿波儀酒店

「名聲布四濾」「上函(?)吟醸」とある。吟醸酒らしい。


玉廼井酢1

玉廼井酢2


純粹優等日本清酢 「玉廼井酢」 大阪府堺市 大阪造酢株式會社

「タマノイ酢」の昔のラベル。会社名が「大阪造酢株式會社」なので、大正7(1918)年以降の物。


汐味大石饅頭

赤穂名産 「汐味大石饅頭」 兵庫縣赤穂郡有年驛前 松榮堂

播州赤穂の名物塩味まんじゅうのラベル。有年駅前に昔あった店で、現在はもうないようだ。


美顔白粉

「美顔白粉」 大阪桃谷 JUNTENKWAN

桃谷順天館の大正3(1914)年発売の「純無鉛」の「固煉」おしろいのラベル。


LEMONADE TANSAN1

LEMONADE TANSAN2


「LEMONADE TANSAN」 神戸 J.Clifford-Wilkinson

クリフォード・ウィルキンソン タンサン鉱泉株式会社のレモネードのラベル。明治23(1890)年英国人のクリフォード・ウィルキンソン氏が作った会社で、左右にいるビンを持った「あ」と「うん」の仁王印がトレードマークらしい。「BOTTLED AT TAKARADZKA」とあるように宝塚で作られていた。


黄州名産1

黄州名産2

黄州名産 朝鮮京義線黄州驛前 山口松之助果樹部

戦前、黄州(現在の北朝鮮ファンジュ)駅前にあった果物屋のりんごのラベル。



栗羊羹

元祖本舗 精品純良 「名物 栗羊羹」 丹後松尾山門前 玉屋眞正堂謹製

舞鶴の西国第二十九番 青葉山 松尾寺の山門前にあった栗ようかんが名物の店のラベル。今はもうない店らしい。


白椿2

白椿


精良香油 「白椿」 大阪心斎橋 をぐら屋製

椿油のびんつけ油のラベル。白椿に囲まれた赤い紅葉の葉が店のトレードマークらしい。



うに

「うに」 下関市 兒島吉三郎謹製

下関の名物うにのラベル。「宮内省御買上」「米國アラスカユーコン太平洋博覧會大綬章」「帝國食料品博覧會一等賞金牌」等とある。


白鶴サイダー

「ハクツルサイダー」 KANO GOMEI KAISHA

日本酒 「白鶴」の嘉納合名會社が出していたサイダーのラベル。昭和2(1927)年2月に発売された。



白鶴2

白鶴1


日本酒 「白鶴」 攝州灘御影 醸造發賣元 嘉納合名會社

日本酒 「白鶴」の明治34(1901)年~昭和22(1947)年のラベル。鶴の絵は有名な円山応挙の絵を用いている。上のラベルには「MAY BE USED EITHER COLD OR MODERATELY WARM」と、英語で飲み方の説明が書いてある。正味一升。


ADAMS Chiclets

「ADAMS Chiclets」 MADE IN U.S.A. TUTTI-FRUTTI FLAVOR
THE ORIGINAL CANDY COATED CHEWING GUM

アメリカ製のガムのパッケージの一部。「TUTTI-FRUTTI」は刻んだ果物の砂糖漬なので、フルーツ味で飴がけタイプの粒ガムだったようだ。いつ頃どこで手に入れた物なんだろう?

日之出印 スライス パイナップル

「日之出印 SLICED Pineapples」 Osaka SAIHARA & CO.,LTD.

400g入りのパイナップル缶のラベル。

関乃戸1

関乃戸2


「関乃戸」 三重縣関町 服部吉右衛門

創業360年の老舗「関の戸本舗深川屋」の看板菓子「関乃戸」の昔のラベル。今もこの絵のままの店構えらしい。

クラブ

優良國産 「クラブ」 家庭一品

マッチのラベルの一部らしい。

十六味地黄保命酒

「本家 十六味地黄保命酒」
備後國鞆港 株式會社鞆保命酒屋 岡本亀太郎醸造

創業150年の老舗「岡本亀太郎本店」の名物「保命酒」の昔のラベル。「本邦固有藥酒」とある保命酒は16種類の薬草を浸け込んだ甘口の薬味酒で、広島県福山市鞆町(鞆の浦)の伝統酒。「大日本帝國備後國鞆港」とあるのが時代を感じさせる。

十六味地黄保命酒2

文字や桜等の花は凸状加工になっている。桜や稲に鞆の浦の風景が細かく描かれていて美しく、だいりのお気に入りの1つ。

残月

姫路名産 「残月」 京屋號

兵庫県姫路のお菓子のラベル。「本菓ハ原料の選卓(?)を旨として精製せる越(を)以て味も勿論日持も良く且つ消化易き特長を有壽(す)」とある。今はもう無くなってしまったお店のようだ。

阿志遍時雨

南紀名産 「名菓 阿志遍時雨」 和歌山市 和洋菓子商 本家 山家屋商店

和歌山にあったお菓子「あしべしぐれ」のラベル。内國製菓競技會で銀牌を受領したそうだ。蟹の絵が描いてあるので、蟹に関係があるお菓子だったのだろうか?「他に類似品あり(阿志遍時雨 山嘉)の商標にご注目を乞う」とあるので、いろんな店で同じようなお菓子を売っていたようだ。

土佐かまぼこ

「土佐かまぼ古」 高知市 依光商店

創業150年と高知で最も歴史のあるかまぼこ屋「依光かまぼこ老舗」の昔のラベル。

もみぢ諸味

小豆島 神懸名産 「もみぢ諸味」 片山錦光堂謹製

色鮮やかな小豆島草壁町のもみじもろみのラベル。草壁町は昭和26(1951)年に合併して内海町になったので、それ以前の物。

飴

青森名産 「飴」 青森飴製造株式會社

なかなか大胆な名前の飴のラベル。絵からしてりんご味らしい。七百グラム入り。

優待特賣

優待特賣 腕時計が幸運の方に當ります

「きれいな容器入り御園石鹸小形を洩れなく進呈」とあるので、御園石鹸の「腕時計が当たるキャンペーン」用のラベルのようだ。

若布漬

鳴門名産 「若布漬」 徳島市 製造本舗 多田三榮堂 謹製

デザインやフォント(字体)がモダンでおしゃれなわかめ漬けの包装紙の一部。破けているのが残念。

柿羊羹

「本家 柿羊羹」 大垣市 槌谷祐七謹製

250年以上の歴史を誇る大垣名物柿羊羹の老舗「つちや」の昔のラベル。「宮内省御用品」「KAKIYOKAN Manufactured. By TSUCHIYA OGAKI. MINO. JAPAN」と書いてある。柿のヘタの描き方が面白い。

森の泉1

森の泉2


大日本優等清酒 「森の泉」 豊後別府 醸造元森本久五郎

今も地酒として売られているらしい「森の泉」の昔のラベル。「名聲布四濾」とある。吟醸酒のようだ。上のラベルには「BEPPU. MORINOIDUMI. WINE MAY BE USED EITHER COLD OR MODERATELY WARM」と、英語で飲み方の説明が書いてある。

本塲平壌栗

「名産 本塲平壌栗」 果實青物商 森原商店

戦前、平壌府(現在の北朝鮮ピョンヤン)大和町道廳通にあった青果店の栗のラベル。「駅賣組合 賣價 金20錢」と書いた値札シールがあるので、平壌駅で売っていた物らしい。当時は栗が平壌名物だったようだ。

人気サイダー

人気サイダー5


衞生的最高飲料 「人気サイダー」

切られ与三郎ときたので、同じく「与話情浮世名横櫛」のお富さんのラベル?これも仲良く「ダ」の点々がなくて「人気サイター」になっている。

人気サイダー

人気サイダー4


衞生的最高飲料 「人気サイダー」

何故か「ダ」の点々がなくて「人気サイター」になっている。このラベルは歌舞伎「与話情浮世名横櫛」の切られ与三郎のようだ。

人気サイダー

人気サイダー3


衞生的最高飲料 「人気サイダー」

う~ん、このラベルの優男風なのは誰だろう???

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。